2006年01月27日

ずんちゃん♪

1月14日



今考えるとこの時期から調子の良い時と悪い時が
はっきりしていたのかもしれません・・・



DSCF1754.jpg



幸い私の仕事場は1階なので日に何度も様子を見てあげる事ができました



DSCF1739.jpg



(ずんちゃんが辛そうなので写真はあまり撮っていなかったのでしょう・・・)


今日は4枚しかありません



絶対元気になるんだ!!

がんばれ!!



何度も声を掛けました・・・

(必ず治ると思っていました)





ちょっと嬉しな光景を見ることが出来ました


DSCF1732.jpg




(今考えるとちっぷもかなり心配だったのでしょう)




DSCF1730.jpg


(ずんちゃんガンバレ!!

 ずんちゃん治るよ!!

 ずんちゃん生きろ!!・・・)











ニックネーム ちっぷぱぱ at 21:02| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちっぷちゃんも、何か感じていたのでしょうか…
今改めて二人のお写真を見ると、最初見た時とは全然違って見えます。
Posted by 小夏ママ at 2006年01月27日 21:08
はじめまして、アポロと申します。

ずんちゃん、本当にかわいいですね。
それなのに、ちっぷぱぱさんのそばで成長できなくて本当に残念でなりません。
涙が止まりません…。

というのも、2年程前私も同じ様に小さな命を守る事ができなかったんです。
多頭飼いをしたくてうちに迎えた子が、家に来てたった1週間でお星様になってしまいました。
うちにいたのはたったの6日なんです。
6日目に病院に入院して次の日には…。
ずんちゃんの様にゲージにあごをのせている写真が宝物です。

そして更につらかったのは、その子(パピちゃん)の病気をもらってしまい、先住犬のチャオもパピちゃんの後を追うようにパピちゃんの1週間後にお星様になってしまいました。
その時は何をしていても勝手に涙が出てきてしまい辛くて辛くて…。
ちっぷぱぱさんのブログを読んでいると、自分の事を振り返っているようで…。
辛いと思いますが、がんばって下さい。
ちっぷパパさんが泣いていたらずんちゃんが心配して虹の橋を渡れないですもの!

私は今は新しく2匹のパピヨンを迎えて生活しています。
パピちゃんの分も生きてもらうために、新しく我が家に迎えた子はあえて「パピ」と名づけました。
そして先住犬のチャオの事も忘れない様に、チャオの血統書の名前になっていた「アポロ」の名前を1匹目のワンコの名前にしました。
今は、少しずつですが泣かずにチャオとパピの思い出話をできるようになってきました。
きっとずんちゃんの事を泣かずに話せる日がくると思います。
辛いとは思いますが、がんばってくださいね!
長々とカキコミをしてしまい申し訳ありませんでした。


Posted by アポロ at 2006年01月28日 01:09
ずんちゃんは...辛かったけどぱぱさんの笑顔が見たくて頑張っていたんだと思うわ。
ちっぷちゃんも..ずんちゃんのこと、なにか感じていたのかもですね..

実家で飼っていた犬も..
お隣のわんと普段は仲があまり良くなかったのに^^;
その子が亡くなる前はくんくんと声を上げて鳴いていました..

やっぱり人にはわからない何かがあるんだと思います...。
Posted by りきまま at 2006年01月28日 09:51
すみません。
どうしても、ずんちゃんを見ると涙が止まりません。
本当は、私達がぱぱさん達を元気づけなくてはいけないのに・・・。
こちらが涙してはダメですね。
ちっぷちゃんと、ずんちゃんの顔寄せてる姿の写真、一生の宝物ではないでしょうか?
すごく、良いですね〜。
ちっぷちゃんも、ずんちゃんの事
心配だったのかな・・・。
Posted by 桃尻 at 2006年01月28日 13:43
ずんちゃんと実際に会ったことがないのに とっても身近に感じます。
ブログの中の、、写真のずんちゃんが いつも私の心の中で元気いっぱいにコロコロと転がるように遊んでいます。
お迎えした日からのブログ、、いつでも何度でもずんちゃんに会える宝物です。
Posted by めぐみん at 2006年01月29日 19:53